戦没者遺族援護

第十回特別弔慰金の支給について

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、先の大戦において公務等のため国に殉じた軍人、軍属及び準軍属の方々に対し、国として弔慰の意を表すために、戦没者等のご遺族に支給されるものです。

支給対象者

平成27年4月1日(基準日)において、以下の要件全てに該当するご遺族お一人に支給されます。

・戦没者(元軍人、軍属及び準軍属)の死亡に関し、恩給法による公務扶助料や戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金等の受給権者がいないこと。

・三親等以内の親族で、支給順位の最高順位者であること。

・日本国籍であること。

支給順位

・戦没者等の死亡当時のご遺族で

1.平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

2.戦没者等の子

3.戦没者等と死亡当時生計関係があり、戦没者と同じ氏である
  ①父母 ②孫 ③祖父母 ④兄弟姉妹

4.3の要件を満たしていない者
  ①父母 ②孫 ③祖父母 ④兄弟姉妹

5.上記1~4以外の戦没者等の三親等以内の親族(甥、姪等)

注意.png戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

・額面25万円、5年償還の記名国債

Topへ

請求時提出書類

・前回から継続請求する場合

 1.請求者の戸籍抄本

 2.同順位者がいる場合は、その同意書

 3.国債受け取り時に使用する印鑑

注意.png状況によりその他書類が必要になる場合があります。

注意.png請求者以外が手続きにくる場合は、委任状が必要です。

・請求者が変更、または初めて請求する場合

 戦没者死亡当時の世帯状況等により、必要書類が変わりますのでお問い合わせください。

請求期間

・平成27年4月1日~平成30年4月2日まで

注意.png請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

受付場所

本部町役場 福祉課

注意.png受付は請求内容により時間を要します。時間に余裕をもってお越しください。

Topへ

大浦崎収容所の戦没者遺骨情報について

 昭和20年6月下旬に、名護市大浦崎に民間人収容所が設けられ、本部町、今帰仁村及び伊江村の住民を中心に多くの方が収容されました。

 沖縄県では、収容所で亡くなられた方のうち、まだ遺骨が収容できていない方について、情報を収集しております。情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、情報をお寄せ下さいますようお願いいたします。

【お問い合わせ】沖縄県子ども生活福祉部平和援護・男女参画課 TEL(098)866-2500

Topへ

戦没者遺児による慰霊友好親善事業

 日本遺族会は、「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しています。
 同事業は、厚生労働省から補助を受け実施しており、先の大戦で父等を亡くした戦没者の遺児を対象として、父等の戦没した旧戦域を訪れ、慰霊追悼を行うとともに、同地域の住民と友好親善をはかることを目的としています。

 費用は、参加費として10万円。5年を経過した方(平成22年以前参加者)は2回目の応募ができます。

日程の詳細は 日本遺族会事務局 TEL. 03-3261-5521
詳細案内チラシ pdf.png(1.12MB)

【お問い合わせ】沖縄県子ども生活福祉部平和援護・男女参画課 TEL(098)866-2500

Topへ

本部町ホームページの一部または全部を改変し、無断使用することは固く禁じます。また、印刷物への無断転載・借用についても固く禁じます。

©Copyrighy MotobuTown All rights reseved.
ちょこっとメモ福祉課
本部町役場 福祉課

0980-47-2165(福祉課)

0980-43-0565(町包括支援センター)

本部町の観光のことなら!

本部町観光協会
0980-47-3641

各課一覧はこちら