予防接種

定期接種

定期接種とは、予防接種法によって種類や対象者、接種間隔が定められた予防接種のことです。

Topへ

接種方法

予防接種は『個別接種』で、委託医療機関で接種します。

注意.png 事前に医療機関へ電話予約が必要です。

Topへ

お知らせ

小児用肺炎球菌ワクチンの切り替えについて

平成25年11月1日から、小児用肺炎球菌ワクチンが7価から13価に切り替ります。使用されていた7価ワクチンには、7種類の肺炎球菌の成分が含まれていますが、13価ワクチンには、13種類の成分が含まれています。これにより、従来よりも多くの肺炎球菌の種類に対して予防効果が期待できると考えられています。

注意.png 平成25年11月1日から接種スケジュールの一部が変わります

1.生後2か月~7か月未満に接種を開始した方の追加接種初回接種終了後、60日以上の間隔をあけて、1歳以降に1回接種(標準的な接種期間は、生後12か月~生後15か月の間)

2. 生後7か月~1歳未満に接種を開始した方の2回目の接種
・1歳1か月になる日の前日までに完了(1歳1か月を超えた場合は行わない。追加接種は実施可能)

 icon_link_02.png 厚生労働省の小児用肺炎球菌ワクチンの切替えに関するQ&A 詳しくはこちら

日本脳炎

生後6か月~7歳6か月になるまでに計3回接種します。標準的な接種年齢は3歳で6日~28日までの間隔をおいて初回接種(2回)を行い、終了後おおむね1年後に追加接種(1回)を行います。
9歳~13歳未満の間に2期接種(1回)します。標準的な接種年齢は9歳です。

注意.png 平成17年の積極的勧奨の差し控えにより、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれのお子さんで、1期(3回)、2期(1回)の計4回の接種を受けられなかったお子さんは20歳未満までの間に不足分の接種を受けることができます。接種をご希望する方は、保険予防課予防班までお問い合わせ下さい。

 

ヒトパピローマウィルス(子宮頸がん予防ワクチン)

小学6年生である年度の4月1日から高校1年生(相当年齢の者を含む)である年度の3月31日までに、計3回接種します。標準的な接種年齢は、中学1年生の間です。ワクチンは2種類あり、種類によって接種間隔が異なります。
途中でワクチンの種類を変更することはできません。

注意.png 厚生労働省から平成25年6月14日に通知があり、ワクチンによる副反応について適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨を差し控えることとなりました。
定期接種を中止するものではありませんので、接種をご希望する方は接種を受けられますが、ワクチンの有効性と副反応のリスクをご理解のうえ受けて下さい。

書面名 ファイル
厚生労働省作成のリーフレット pdf.png (1,379KB)

 

Topへ

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった方への定期予防接種の機会の確保について

予防接種法で決められた定期予防接種(インフルエンザを除く)の接種対象時期に、特別の事情により予防接種を受けることができなかったと認められる方について、その事情がなくなった日から起算して2年を経過する日まで間、定期予防接種として受けることができるようになりました。対象期間に年齢制限がある予防接種もありますので、詳細については保険予防課予防班までお問い合わせください。

注意.png 重症複合免疫不全症や白血病などの病気にかかり、やむを得ず予防接種を受けることができなかった場合などに限ります。

注意.png 肺炎球菌ワクチンの接種スケジュールは平成25年11月1日から変更になります。

Topへ

本部町ホームページの一部または全部を改変し、無断使用することは固く禁じます。また、印刷物への無断転載・借用についても固く禁じます。

©Copyrighy MotobuTown All rights reseved.
ちょこっとメモ保険予防課
本部町役場 保険予防課

0980-47-2701(国保班)

0980-47-5602(予防班)

本部町の観光のことなら!

本部町観光協会
0980-47-3641

各課一覧はこちら